私は仕事の関係上で一年半程の間、二ヶ月に一度、早くて一ヶ月後には引っ越しを繰り返すマンスリー暮らしをしていました。
その時にした引越しの回数、約8回程です。
もしかしたらそれ以上だったかもしれませんが今となっては既に覚えていません。
仕事も過酷で、1日に12時間労働が何連勤と続くような状況の中で引越しの準備など出来るわけでもなく、そんな中で引っ越しの仕方を覚えました。
マンスリーだったからこそ、と言うのもあるのかもしれませんが兎に角荷物は最小限に減らす。
服や食器類は使わないもの意外は捨てて引っ越してください。
食器類は正直、一人だと数枚あればどうにでもなります。
服は必ず新しいのを買ってしまって増えてしまうので古い服は躊躇いなく捨てて行きましょう。
他の大事なものはとりあえず落ち着くまでは、実家に保管してもらってください。持ち歩きなんて無理です。
そして絶対に生活用品は絶対に散らばりますから小さなケースなどに常に収納しておいてください。服などもです。
そうするといざ引っ越す時にそのケースごとダンボールに入れて、ダンボールから出せばいいだけなので楽な上に忘れ物も無いのでオススメです!
友人が遊びにきても片付いてるね、といい印象を与えるのでこれはしていても損は無いですよ。
是非実践をオススメいたします。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする